薬剤師の求人の探し方を知ろう

年々難易度が上がっている薬学部

薬剤師の仕事というのは、多くの人が憧れる専門職として人気があることでしょう。
しかし、知識もなくてただ良い仕事なので就きたいと思っている場合では、この仕事に就くまでにどのようなことをしていくべきなのかということを知って驚くこともあるかもしれません。
この仕事に就くには資格を取らなければいけないということやそこまでにも薬学部でしっかりと勉強をしていないといけないということを知っておくべきなのです。
大学進学を考えた時には大学の薬学部に進学できるように勉強をしていきます。
国公立や私立など数多くの大学に薬学部は設置されているのですが、最近は医療系の仕事が人気であり、以前にも増して薬学部の難易度があがっています。
ですから、簡単には大学入試を突破することができないのです。
私立大学では少し難易度が下がるといっても学費がかなりかかります。
ですから、そういったことに関しても準備をする必要があるのです。
そして大学の薬学部に入学をしても6年間で専門的な勉強をしていく必要があるのです。
その6年間には実習や実験などもしていくことになります。
登録をすると、エージェントからその人に合った求人を紹介してもらえたりするので、条件が良い求人を見つけやすくなります。

年々難易度が上がっている薬学部薬剤師として働く方法はいろいろある薬剤師専門の求人サイトに登録して効率よく年収アップ

心配性の薬剤師が選んだ求人の探し方

私が転職をしたいと考えた理由は職場での人間関係でした。
主婦層が多いのが私が勤めていた調剤薬局の特徴であり、常に十人以上のパートが現場にいるという状況があったのです。
店長を含めて常勤は三人しかいないという現場だったので、必然的に主婦が中心という雰囲気ができてしまっていました。
その雰囲気が私には合わなかったので、別の職場を探したいと考えたのです。

薬剤師の求人は多いのできっとまるで異なる職場環境があるところが見つかるはずだという気はしましたが、
私はかなりの心配性なので次の職場も同じだったらどうしようという不安に駆られざるを得ませんでした。
調剤薬局で働きたいという希望は持っていたので、それを条件にした上でパートが少ない職場を探せば良いというのは概ねわかっていたことです。
しかし、どうすればそのような職場からの求人を見つけられるかがわかりませんでした。

最初に選んだ探し方は薬剤師向けの求人サイトを利用する方法です。
検索をかけて近隣にある調剤薬局の絞り込みを行い、その詳細情報を見てみましたが、どのような人が働いているかについては全く記載がありませんでした。
職場の雰囲気についてのコメントがある募集広告もありましたが、どれだけ信用できるのかと心配性の私は疑心暗鬼になってしまったので決断できなかったのです。
そうこうしているうちに月日が経ってしまいましたが、そのサイトにコンサルティングのサービスがあることに気づきました。
悩んでいるときこそコンサルティングが有用かもしれないと思うほどにこのときは焦っていたのは確かです。
そこで相談してどのようにして探せば職場環境が自分に合ったものになるかを聞いてみようと思いたち、予約を取ってコンサルティングを受けに行きました。
これが私が選んだ求人の探し方です。

コンサルタントに相談に行ってみると、まるで就職活動を行うかのように転職理由や職歴などについて聞かれて圧倒されてしまいました。
その後で実際に何を希望しているのかを聞かれたので、より自分に合っている職場環境がある薬局で働きたいと考えていることを伝えました。
主婦層とはあまり気が合わないからパートが少ない職場が良いと思っているということも合わせて伝えたところ、すぐにその場で候補を一つ出してもらうことができました。
しかし、私としてはそれがあまり望ましくはありませんでした。
土日の出勤がほぼ毎週ある様子だったのですが、土日は休みたいという気持ちがあったのでそれも条件に付け加えて探してもらうことにしたのです。

一度そこでコンサルタントとの話を終える方針にし、後日に連絡してもらうという形で話をまとめました。
数日後にオフィスに呼ばれたので行ってみると、該当する求人を二つ用意しておいてくれていたのでその二つに応募することに決めました。
どちらも待遇面で何も問題はなく、主婦層が少ないという情報があるとコンサルタントが自信を持って話をしてくれたので信じようと決めたのです。

このような探し方をして正解だったとようやく安心できたのは採用が決まってからでした。
二つとも応募して面接に呼ばれることになりましたが、一つ目の薬局で採用が決まってしまったので二つ目の方は断りました。
現場に行ってみると若い世代が多いのが特徴の薬局で、ほぼ全員が正社員で揃っていたのが印象的でした。
同じ年代の人ばかりなので付き合いやすく、仕事が少ないときには談笑も交えながら働けるようになったのはとても助けになっています。
コンサルタントに相談する探し方は私のように職場環境についての悩みを抱えているときに適している方法でしょう。
実際に転職してみるとその信頼性がよく理解できました。